医学部で必須科目である方言「津軽弁」

医療従事者が患者の言葉を理解できない、そのために適切な治療が行えない、そんな嘘のような話が実際にあります。東日本大震災後、青森県の病院では患者の言葉を医者が理解できない、という事態が起こり、青森県はこの事実を実感しました。青森県には大きく分けて南部弁、津軽弁という方言があります。これらには全く違う単語やイントネーションがあり、同じ県内でも地域によっては相手が何を言っているかが全くわからないことがあります。同じ地域に住んでいたとしても、若者と老人との間でも、知っている言葉や使っている言葉は違います。

けれども、これは青森県に限った話ではありません。病院に勤めている医者は、その地域出身とは限らないからです。そしてこの事実が、医療現場では大きな問題となります。東日本大震災のような一分一秒を争う大怪我を負った時、あるいは日常的な通院などでも、患者の症状、つまり言葉が理解できないために、患者が命を落とす危険性があるのです。この事実に対応すべく、青森県にある弘前大学医学部では、方言の勉強をしています。青森県の津軽地方で主に使われる、津軽弁という方言です。たとえば、シビリグ(手足がしびれる)、シモル(しみる)など医療に関係する言葉から、シダリバジ(左利き)、ケ(食べろ)など、日常で使われる言葉まで、数多くの「津軽弁」が資料となる冊子には載せられています。

地元の方言を理解する、ということは、医療従事者にとっては重要なことです。医療従事者は医療に関することだけでなく、患者と意思疎通を図るために、あらゆる勉強をしなくてはいけません。

関連URLhttp://hogendehokkori.com